SPOX [スポックス] Sports Wear



TAKAHIRO OGURI

TAKAHIRO OGURI

Birth : Jul. 12
Hometown : 岐阜生まれ名古屋育ち
Style : Snowscoot/Freestyle,BMX/Street
Home Mt. : ダイナランド
Signature move : Grab Trick,Jib(当て込み系から、ゆっくり入ってバランスを取る系まで全部好きです)
Favorite food : 踏んだら潰れるくらいの、少し溶けたバーン
instagram : @takahiro_oguri

Main results :
BMX JAM SESSION「Bigcity JAM」主催5回
SNOWSCOOT 試乗会・キャンプ・パークセッション「SNOWSCOOT SESSION」主催
19' Relax&BBQ3@Mt.乗鞍 Big Air Show 出演
20' 白い恋人PARK AIR ナイトセッション出演

Comment :
SPOXライダーの小栗貴大です!
中学3年の夏からBMXを始めて、それ以来1年中ずっとBMXに乗ってました。
夏休みにBMXで日本一周をしたり、大会やイベントがあれば日本全国遠征をしたりと、乗る楽しさ以外にも共通の趣味で世界中に友達ができることがとても楽しくて、今でもBMXを続けています。
皆が楽しめる場所を作りたいと思い、数年前から僕が主催でBMX JAMSESSION「Bigcity JAM」を開催しています。
ここ数回は、順位を決めないJAMというのをウリにして、皆でのびのびと乗って喋って遊べるJAMにしています。

スノースクートは15-16シーズンから始めました。
それまでウィンタースポーツを一切やったことがなく、最初はリフト券が必要なことや、エッジの役割などなど恥ずかしいくらいに知識がなかったです。
しかし、全く未体験の世界だったので、とても新鮮で少しずつ思い通りに滑れるようになるのがとても楽しく、一気にこの世界にハマっていきました。パークに入るようになってからは、その気持ちがさらに高くなりました。

翌シーズンは、大学の最後の春休みだったので、岐阜県奥美濃エリアにあるダイナランドで篭って、リフトスタッフをやりました。篭っている最中は毎日滑っていたので、上達してく感じが自分でもわかり、この経験がとても大きかったなと思います。

社会人になってからは、結婚を機に地元の名古屋を離れて、岐阜に移り住みました。この決断がとても良かったと思います。
引っ越した当初は何も考えてませんでしたが、スノーヴァ羽島が自宅から20分で行ける距離にありました。
以前まではスノースクートは滑走禁止でしたが、スノーヴァ羽島とつながりの強い友人を通して交渉し、今ではスノースクートも滑走OKになりました。
距離が近いので、オフシーズンは殆どスノーヴァ羽島で滑ってます。平日の仕事終わりはスノーヴァ羽島、休日はBMXといった感じのオフシーズンを過ごしています。

スノーヴァ羽島で滑ってるうちに、ジブが好きになっていきました。
ハイペースでジブを回して何度も同じトリックにチャレンジし、メイクできたときの喜びが、BMXでトリックを練習しているときの感覚にそっくりでした。
また、スノースクートはまだまだマイナーなスポーツで、特にジブをメインで乗っているライダーはあまりいないので、新しい動きを研究して、形にしていくのがとても面白いです。

スノースクートでパークに入れるということをもっと多くの人に知ってもらい、スノースクートのパーク人口を増やしていくのが目標です。



TAKAHIRO OGURI TAKAHIRO OGURI TAKAHIRO OGURI